JACK BLUE OFFICIAL WEB SITE
SINCE 1987


| home | profile | biography | archive | information | discography |


KICKS OFF / JACK BLUE (MTK RECORDS / MTKJB-0002)

結成25周年に合わせた2年ぶりのアルバム

1-FUNKY FRIDAY

music:motoaki sano / words:motoaki sano
●克也さんをイメージ(してもこうなる) / shingyou
●ありそうで無かったタイプの曲だけど、これぞJACK BLUE節炸裂。 / sano
●新定番 / kawada
●王道だね。こういう曲は休符大事なんだよ休符が。 / cozy
●踊れる感じ / hoshi☆

2-ぶち壊せ!

music:motoaki sano / words:motoaki sano
●チャーボーをイメージ(してもこうなる) / shingyou
●ちょっといつもと違う音作りでスリリングに臨んでみた♪ / sano
●上がる! / kawada
●ちょっと無理した / cozy
●危険な感じ / hoshi☆

3-NIGHT FALL

music:shingyou izawa / words:shingyou izawa
●とても大切な曲 (いい曲!!) / shingyou
●ベースよりもエレピの音にこだわった逸品(笑) / sano
●最後のハーモニクスのためだけに実はカポ使用(笑) / kawada
●一番好きかも / cozy
●しっとりな感じ / hoshi☆

4-RIDE ON YOUR BEAT

music:kenichi kojima / words:kenichi kojima
●ケン坊をイメージ(してもこうなる) / shingyou
●80年代!青春だね / sano
●甘酸っぱいね〜 / kawada
●まさかこの曲をレコーディングするとは思ってなかったよ / cozy
●突き抜ける感じ / hoshi☆

5-目を覚ませ!

music:hiroshi "okahiro" okada / words:shingyou izawa
●とても大好きな曲 (いい曲!!) / shingyou
●いろいろと思い入れのある曲。まさか再び演るとは。サンキューオカヒロ! / sano
●オープンE! / kawada
●オープンG! / cozy
●ごっつええ感じw / hoshi☆

6-JET TO RIDE /bonus track

music:motoaki sano / words:shingyou izawa
●1997年録音のデモ音源をマスタリング。
●オレの魂のギターソロを聴け!(笑) / shingyou


■shingyou izawa / vocal, backing vocal
mic:mxr2006
myc:morphine(医療用), Xylocaine, Diclofenac
percussion:vibra slap(与作)
etc.:mizutama scarf, wine, beer and more...

■motoaki sano / bass, keyboard, backing vocal, percussion
bass:fender jazz bass 1977
amp:line6 lowdown175, ampeg SVT450H
keyboard:hammond XB-2, e-mu vintage keys
percussion:tambourine, maracas
etc.:boss RT-20, tech21 sansamp VT bass, monster cable

■yoshihiro kawada / guitar
guitar:gibson les paul standard (sunburst, gold top)
amp:marshall JCM2000
etc.:ac booster, mxr phase90, ガラスの小瓶, NUDE CABLE

■kenichi kojima / guitar
guitar:gibson les paul, gibson ES-335, gibson firebird X
amp:marshall JCM800
etc.:N/A

■takumi hoshida / drums
drum set:canopus maple
cymbals :paiste

produced by JACK BLUE
sound adviser : shouichi "joe" satou
recorded and mixed by motoaki sano, shouichi "JOE" satou
mastered by shouichi "joe" satou
recorded at wild flower studio 2011 /07~12
mixed at studio sanotech
mastered at joe's studio
artdirection and designe : motoaki sano
photo graphy : haruyo yamaguchi

 全曲書き下ろしで準備を進めていたところ、shingyouの舌ガン発覚。 レコーディング中止も考えたが、本人の強い希望で手術前のレコーディングに急遽変更。 内容的にも当初の予定を変更し、既に仕上がっていた曲と過去の曲を再アレンジしてのレコーディング開始。 とにかく歌を先に録らなければならないので、慌てて仮オケを突貫録音。そしてすぐにボーカル録音開始。 薬で痛みを抑えながらの録音を終えてshingyouは一時リタイヤ。 その後、各楽器を録り直して録音は終了という変則的レコーディング。 ミックスダウンからマスタリングまでは、かつて世話になったエンジニアの佐藤ジョーの全面協力の下で完成。 良くも悪くも劇的過ぎるほどいろいろな事を乗り越えて完成した25年の思いが詰まった1枚。2012/12